戻る/ はじめに/ 苗字苑本館/ ハリポタ語源辞典/ 銀英伝語源辞典/ 付録/ リンク集
苗字リストに戻る
Sassoon サスーン(ユダヤ)
概要
ヘブライsasṓn(שָׂשׂוֹ‌ן)「喜び、歓喜、嬉しさ(joy)」に由来する中世後期のセファルディムの男名サソーン(Çaçon)に由来。
詳細
Abraham aben Çaçon(1327年Toledo(カスティーリャ=ラ・マンチャ州))1
Jeuda Çaçon(1399年Pamplona(ナバーラ州))2
Salamó Çaçon(1423年Villarreal(バレンシア州))3

父称姓。ユダヤ系。イスラエルのヘアドレッサー、実業家ヴィダル・サスーン(Vidal Sassoon:1928.1.17 London~2012.5.9 Los Angels)の姓。彼は 絨毯のセールスマンであった父ネイサン(Nathan S.)と主婦の母ベティ(Betty(Bellinとも))との間に2人兄弟の兄として、1928年ロンドンに生まれた 4。弟は3歳年下で、名をIvorといった5。ヴィダルの父親の情報はあまり無く、ネットでは 名前をネイサンではなくてJackとしているものも多い(あまりに多く、wikipedia英語版の記事の丸写しっぽいので、改定される前のwikipediaの記事の 引用が繰り返されて増殖したものかもしれない)。Wikipedia英語版では、父はギリシアのテッサロニキの出身とあるが(日本版もこの記事を引用)、 「要出典」とあり、これも出所不明の情報のようである。又、母親に関してもウクライナ出自説とスペイン出自説があり、どちらが正しいのか不明。

サスーンという姓自体はセファルディム、つまりスペイン系ユダヤ人の姓であり、レコンキスタ終了時(1492年)にスペイン内のユダヤ人が追放される までは、国内で姓をÇaçonと綴って表記していた。この綴りで姓としてスペインでの記録が残っている。ティボンによれば、このセファルディム 姓はトルコやイタリア、イラク、インド、イングランドにも見られるという6。追放されて、散り散りになったの かもしれない。Wikipediaが記す父親のギリシア出自説は本当かどうか確証がもてないが、元々スペイン発祥の家系の末裔であるのかもしれない。 いずれにしても、ヘブライsasṓn(שָׂשׂוֹ‌ן)(男性名詞)「喜び、歓喜、大喜び(joy, exultation, rejoicing)」7(イザヤ書51:3、エステル記8:17等に用例)に 由来するスペインのユダヤ人男名サソーン(Çaçon)に由来する。ファーストネームのスペインにおける使用例を以下に挙げておく。

Çaçon Alborge, dit Heder(1350年Pamplona)8Çaçon Hederr(1389年)9
Çaçon Avenpluges(1387年Tortosa(カタル-ニャ州))10
Çaçon Açaya(1389年Sangüesa(ナバーラ州))11
Çaçon Arroti(1447年Massamagrell(バレンシア州))12
Çaçon de Homar(1479年Xàtiva(バレンシア州))13

Sassoon姓の綴りはその英語化形。
[Tibón(1988)p.220,ONC(2002)p.546,Guggenheimer(1992)p.660]
◆ヘブライsasṓn(שָׂשׂוֹ‌ן)「喜び」←sūs(שׂוּשׂ)「狂喜する、大喜びする」←?。他のセム系言語に同根語を確認できない。
1 Société des études juives "Revue des études juives. vol.12"(1886)p.141
2 Yitzhak Baer "Die Juden im christlichen Spanien. vol.1"(1929)p.996
3 José Hinojosa Montalvo "The Jews of the Kingdom of Valencia: from persecution to expulsion : 1391-1492." (1993)p.235
4 Abbe A. Debolt, James S. Baugess "Encyclopedia of the Sixties: A Decade of Culture and Counterculture."(2011)p.582、 William L. O'Neill "The Scribner Encyclopedia of American Lives: M-Z."(2003)p.323
5 http://www.dailymail.co.uk/femail/article-1322905/Vidal-Sassoon-My-father-playboy-abandoned-woman-I-three.html 脚注4の書籍O'Neillではヴィダルは弟と記しているが、誤りと考えられる。
6 Tibón(1988)p.220
7 Waldstein(1939)p.270、http://concordances.org/hebrew/8342.htm
8 Juan Carrasco, Eloísa Ramírez Vaquero, Fermín Miranda García "Los judíos del reino de Navarra: Registros del Sello, 1339-1387."(1994)p.9
9 ibid. p.14
10 Moshe A Shaltiel-Gracian "The Shaltiel Manuscripts: Catalunya 1061-1481."(2004)p.410
11 Juan Carrasco "Los Judíos del Reino de Navarra: Registros del Sello, 1364-1400."(2002)p.389
12 Mark D. Meyerson "A Jewish Renaissance in Fifteenth-Century Spain."(2004)p.94
13 脚注3の書籍p.651

執筆記録:
2012年5月10日  初稿アップ
セム語根Sass-oon:1.語根不詳;2.未調査

戻る

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.