戻る/ はじめに/ 苗字苑本館/ ハリポタ語源辞典/ 銀英伝語源辞典/ 付録/ リンク集
苗字リストに戻る
Mün(t)zer ミュンツァー(独)
概要
中高独münzære,münzer「貨幣鋳造業者」に由来する職業姓。
詳細
Geroldus monetarius(1112年Passau(バイエルン州))1
Uvilleher monetarius(1120年Passau)1
Ovdalscalch monetarius(1150年Passau)1
Duringo monetarius(1158年Passau)1
Counradus filius Engilscalki Monetarii(1185年Freising(バイエルン州))2
Wernhard Monetarius(1190年München(バイエルン州))2
Siffridus Monetarius(1244年Vogtland)3
Hermannus Monetarius(1279年Marburg(ヘッセン州))4
Hedewigis relicta Burchardi dicti Munzere(1283年Bretten(バーデン=ヴュルテンベルク州))5
Albert Monczer, ..., Conrad Monczer(1286年Königsberg(プロイセン))6
Gerhardus Munzere(1305年Wetzlar(ヘッセン州))7
Conradus monetarius de Grunenberg(1316年Frankfurt a. M.(ヘッセン州))8
Dytmarus dictus Munczere(1327年Mühlhausen(テューリンゲン州))9
Syffrid munczer de Frideberg(1331年Frankfurt a. M.)8
Peter Munczer(1337年)=Peez Munczer(1362年)(いずれもDresden(ザクセン州))10
Michel Monczer(1373年Dresden)11
Oswalt der Munczer(1398年Wien市民)12
Clawco MnczerClawke Monczer(1404年プロイセン)13
Claweſen munczere(1427年Brandenburg)14
Hanns Munczers zcum Lauwenstein(1468年Dresden)15
Nicolaus Monczer de Miltenberga(1476年Erfurt(テューリンゲン州))16

職業姓。Münzer姓はノルトライン=ヴェストファーレン州(特にルール地帯)、バーデン=ヴュルテンベルク州(特に南西部)に多い。Müntzer姓は稀姓。 上掲の様に、探せば探すほど夥しい量古形が見つかる、古くから有り触れた姓である。 宗教革命の指導者の一人トーマス・ミュンツァー(Thomas Mün(t)zer:1490年頃Stolberg(ザクセンーアンハルト州Harz山地)~1525.5.27 Mühlhausen (テューリンゲン州))の姓。彼の姓の綴りMün(t)zerは現代語に再現された形。当時の本人の名前の表記は、Thomas munczer de stolberch (1520年)17等と記録されている。

中高独münzære,münzer「貨幣鋳造業者」18(>独Münzer)に由来する。上記の古姓リストの如く、初期の記録ではラテン語 monētārius「貨幣鋳造者」19に翻訳した形が多い。いずれにしても、貨幣を鋳造し発行、両替する権利を与えられていた 業者を指した語で、その職業に就いてた者が名乗りだした。又、単に「両替屋」の意の姓。元来中高独münze「硬貨」18(> 独Münze)の動作主派生名詞(-er形)、或いは古高独muniz,muniz(z)a「硬貨、お金」20(ラmonēta「硬貨、貨幣」の借用)の 動作主派生名詞の古高独munizāri「貨幣鋳造業者、両替屋」20の後進。英money「お金」と同語源。moneyはフランス語を 経由してラmonēta「硬貨、貨幣」を借用した語。末尾のtが無いのは、フランス語で母音間の-t-が弱化し消失する規則的音変化による。英姓ミンター (Minter)、低地ドイツ語圏の姓ミュンター(Münter)もミュンツァー姓と同語源。低地ドイツ語の稀姓ミュンテフェーリング(Müntefering)も 語源上関係が有ると思われる。
[Gottschald(1982)p.359,Kohlheim(2000)p.467,Bahlow(2002)p.339,(1982)p.65,Naumann(2007)p.200,ONC(2002)p.432,Feinig(2004)p.172, Brechenmacher(1928)p.287,Hellfritzsch(1992)p.142,Nied(1933)p.105,Berger et Etter(1961)p.274,Linnartz(1936)p.178,Kunze(2003)p.109, Morlet(1997)p.716]
◆中高独münzœre←古高独munizāri「貨幣鋳造業者、両替屋」←muniz(z)a「硬貨、お金」←ゲルマン*munita「硬貨」(英mint,古フリジアmenote,munte, オランダmunt)←ラmonēta「硬貨、貨幣」(仏monnaie,伊moneta,西moneda,葡moeda,ルーマニアmonedă)(cf.monētārius「硬貨の」(形容詞))←Jūno Monēta「助言者ユーノ」21。以下寺澤芳雄編集主幹『英語語源辞典』 より。紀元前344年女神ユーノを祭った神殿に、ローマ初の貨幣鋳造所が併設されたことに因む。元来はその場所を表わしたが、後そこで作られた古代 ローマの貨幣をmonētaと言うようになった。ユーノの姓或いは添え名のMonētaは、恐らくギリシア神話に登場する女神ムネモシュネ(Mnemosyne: cf.ギmnâsthai「思い出す」)の名のラテン語訳で、ラmonēre「思い出す、教える、諭す」(←PIE*mon-eyo-(o階梯+使役動詞形成接尾辞) 22←*men-「考える」)の派生語とされ、本来は「訓戒を施す女神(ユーノ)」 の意で付けられた名と考えられる。一説にMonētaはエトルリア語起源で、その意味は不詳とする。 
1 Annette Zurstrassen "Die Passauer Bischöfe des 12. Jahrhunderts: Studien zur ihrer Klosterpolitik und zur Administration des Bistums : Vorarbeiten zu den Regesten der Passauer Bischöfe."(1989)p.323
2 Bayerische Akademie der Wissenschaften "Historische abhandlungen der königlich-baierischen Akademie der vol.2"(1813)p.129
3 Hellfritzsch(1992)p.142
4 Wyss et Reimer(1879)p.274
5 F. J. Mone "Zeitschrift für die Geschichte des Oberrheins. vol.2"(1851)p.225
6 Rudolf Reicke, Ernst Wichert "Altpreussische Monastsschrift der neuen Preussischen Provinzial-Blätter. vol.12"(1875)p.215
7 Ernst Wiese "Veröffentlichungen der Historischen Kommission für Hessen und Waldeck. vol.8"(1971)p.269
8 Karl Bücher "Die Bevölkerung von Frankfurt am Main im XIV. und XV. Jahrhundert."(1886)p.408
9 Karl Herquet, W. Schweineberg "Urkundenbuch der ehemals freien Reichsstadt Mühlhausen in Thüringen." (1874)p.385
10 Fleischer(1968)p.56
11 Otto Richter "Verfassungs- und Verwaltungsgeschichte der Stadt Dresden. vol.1"(1885)403
12 Wilhelm Brauneder, Gerhard Jaritz "Die Wiener Stadtbücher 1395-1430. vol.1(1395-1400)"(1989)p.181
13 Cordelia Hess, Christina Link, Jürgen Sarnowsky "Schuldbücher und Rechnungen der Großschäffer und Lieger des Deutschen Ordens in Preußen. vol.1"(2008)p.95
14 Adolph Friedrich Riedel "Codex diplomaticus Brandenburgensis. vol.9"(1849)p.130
15 Thomas Kübler, Jörg Oberste "Die drei ältesten Stadtbücher Dresdens. (1404-1476)"(2007)p.491
16 Johann Christian Hermann Weissenborn, Adalbert Hortzschansky "Acten der Erfurter Universitaet. vol.1 "(1881)p.366
17 Johann Karl Seidemann "Kleine Schriften zur Reformationsgeschichte(1842-1880):vol.1 Thomas Müntzer und der Bauernkrieg."(1990)p.116 記録地はputwitcz(当時の綴り)とあるが、現在のどの地に比定されるのか不明。明らかにスラヴ語起源の地名だが、今のドイツや ポーランドには、それらしい名前が存在しない。喪失地名か。
18 Lexer vol.1(1872)sp.2236
19 研究社羅和辞典401
20 Köbler ahdW M項p.92
21 英語語源辞典p.904、p.918、Walde(1938-56)p.523
22 *mon-eyo-は語根*men-「考える」の使役形語幹。この形から生じた印欧語の別語派の動詞として、古高独manēn,manōn「忠告する、思い起こさせる」 (>独mahnen)がある。

執筆記録:
2011年12月8日  初稿アップ
PIE語根Mün-(t)z-er:1.*men-「考える」;2.*-t(o)- 行為名詞形成接尾辞;3.語根不詳

戻る

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.