Malpighi マルピーギ(伊)
概要
伊malo「悪い、醜い」と伊≪北部方言≫*pigo「キツツキ」より構成。「悪いキツツキ」の意の渾名より。
詳細
Dom. Nicholaus de Malpighis(1272年Bologna(エミーリャ=ロマーニャ州))1
Dom. Petrus de Malpighis(1272年Bologna)1
Piglus de Malpighis(1323年Bologna)2
Hugolinus de Malpighis(1390年Pisa(トスカーナ州))3
Nicholaum Bichini de Malpichis(1396年Bologna)4Nicolaum quondam Bichini de Malpighis(1409年Bologna)5
Gabriele de Malpichis(1475年Mantova(ロンバルディーア州))6

ニックネーム姓。イタリア北部のエミーリャ=ロマーニャ州中部のモーデナ(Modena)県北部に集住する地域特徴の強い姓である。 古くからすぐ東隣のボローニャで頻出しており、モーデナ~ボローニャ一帯が発祥地と見られる。イタリアの解剖学者、生理学者マルチェロ・ マルピーギ(Marcello Malpighi:1628.3.10 Crevalcore(エミーリャ=ロマーニャ州ボローニャ県)~1694.11.29 Roma)も集住地近隣の出身。

伊malo「悪い、醜い」と伊≪北部方言≫*pigo「キツツキ」より構成される渾名*Malpigoの複数形に由来し、「悪いキツツキ」を意味する渾名に因む。 この渾名を持つ有名人にベルギーのトゥルネー司教を1334年から1342年まで務めたフィレンツェ出身の貴族アンドレア・ギリーニ(Andrea Ghilini:13世紀 Firenze~1343.6.2 同地)がおり、渾名はMalpighi 以外にMalpiggiとも綴られている。伊≪北部方言≫*pigo「キツツキ」なる語はラペッリの伊姓語源辞典のピーギ(Pighi)姓の説明中に見えるが 7、辞書・語彙集では存在が確認出来ない。然し、実際にその方言による異形に相当するクレモナ方言picch, ゾッカ方言pigh「アカゲラ(キツツキ科の鳥の一種:学名Dendrocopos major)」8等の語形が残存しているので、かつてイタリアの北部方言にこの語が存在した蓋然性は高い。指小辞-zzoが 接続して派生した伊≪エミーリャ=ロマーニャ≫pigòz,≪ヴェーネト方言≫pigozzo,≪ピアチェンツァ方言≫pigös,≪ベルガモ方言≫pigòz 「キツツキ」等9の語も残っている。これらの語はいずれもラpīcus「キツツキ」10に遡る。

又、ピーゴ(Pigo)という男名の用例がイタリア北部で古く見られる。
Pigus platus(1169年、ロンバルディーア州)11
又、姓としても見られる。
Henricum Pigum Consules Frignanensium ... henricus pigus Consules Frignanensium(1188年Bologna)12
Iohannes Pigus(1286年Parma(エミーリャ=ロマーニャ州))13
従って、男名Pigoに限定詞として伊malo「悪い、醜い」が接続して派生した可能性も高く、この場合は「悪い(方の)Pigo(男名:「キツツキ」の意)」 といった意味の父称姓となる。

因みに伊pigo「コイ科ローチ属の淡水魚の一種(学名Rutilus pigus)」というマニアックな語が有る。この魚名を表すイタリア語は クロアチアのイストラ郡の都市プーラ(Pula:伊Pola))で14世紀にpigusの形で語彙集に用例が有る14。又、サルヴィアーニ(Salviani)が pichoやpigoの語形でこの魚に言及しているという14。サルヴィアーニというのはローマ大学で教授職も務めた自然科学者、医者の イッポリト・サルヴィアーニ(Ippolito Salviani:1514~1572)の事だろう。 姓の方はこの魚名よりも100年先行して出現しているが、これに由来する可能性も有り得る。尚、本語もラpīcus「キツツキ」に由来していると考えられている14
[Francipane(2005)p.589, ONC(2002)p.399]
1 Augusto Gaudenzi "Statuti delle società del popolo di Bologna. vol.3"(1889)p.399
2 Archivio di Stato di Bologna "Riformagioni e provvigioni del comune di Bologna dal 1248 al 1400: inventario."(1961)p.140
3 Collegio S. Bonaventura. "Archivum franciscanum historicum. vol.90"(1997)p.94
4 Francesco Novati, Egidio Gorra, Vittorio Cian, Giulio Bertoni, Carlo Calcaterra "Giornale storico della letteratura italiana. vo.22"(1893)p.332
5 "Atti e memorie della Regia deputazione di storia patria per le provincie di Romagna.vol.3 part.11"(1894)p.299
6 "Carteggio di Luca Fancelli con Ludovico, Federico e Francesco Gonzaga, marchesi di Mantova."(1998)p.313
7 Rapelli(2007)p.549
8 Enrico Hillyer Giglioli "Avifauna Italica."(1891)p.305
9 http://www.dialettando.com/dizionario/detail.lasso?id=36280
10 研究社羅和辞典p.488
11 "Libri XII. Umiliati A Sua Altezza Reale Don Lodovico Di Borbone, principe de Piacenza, Parma, Guastalla. vol.1"(1793)p.322
12 Ludovico-Vittorio Savioli "Annali Bolognesi. Vol. 1. Part. 1."(1789)p.156-158
13 "Studi parmensi."(1975)p.170
14 Adriana Rossi "Studi di lessicografia italiana. vol.6 - I nomi dei pesci, dei crostacei, e dei molluschi nei trattati cinquecenteschi in volgare, di culinaria, dietetica e medicina."(1984)p.145

更新履歴:
2016年2月11日  初稿アップ
PIE語根Mal-pigh-i: 1.*mel-⁵「間違った、悪い」; 2.*(s)peik-「キツツキ、カササギ」; 3.*-i 強意・現在・複数を表す語尾

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.