Humboldt フンボルト(独)
概要
①古いドイツ語の男子名Humbold(「若者」+「勇敢な」の意)に由来する。
②中高独humpolt,humpelt「穀物の計量単位」,中低独humbolt「粗末な亜麻の一種」に由来。
詳細
ドイツの言語学者・政治家ヴィルヘルム・フォン・フンボルト(フンボルト兄)(Friedrich Wilhelm Christian Carl Ferdinand von Humboldt: 1767.6.22 Potsdam(ブランデンブルク州)~1835.4.8 Tegel(ベルリン))、その弟で博物学者、探検家、地理学者のアレクサンダー・フォン・ フンボルト(Friedrich Heinrich Alexander von Humboldt:1769.9.14 Berlin~1859.5.6 同地)の姓。この兄弟の家系フォン・フンボルトの 開祖は、16世紀末にブランデンブルク選帝侯ヨハン・ゲオルク(Johann Georg)の親衛隊に属し、侯の護衛兵(Trabant)を務めたハンス・ フンポルト(Hans Humpolt)である1(ゴットシャルト本では次々代ブランデンブルク選帝侯ヨハン・ジギスムントの衛兵と している)。その息子のひとりであるヨハン(Johann Humpolt:1575年頃~1638)が世に出、台頭した。ヨハンはポツダムとコリン(Chorin: ブランデンブルク州)の書記官となり、後、30年戦争期間中にブランデンブルク領内のノイマルクのケーニヒスブルク(Königsberg:現ポーランド、 西ポモージェ県ホイナ(Chojna))市の慎重さに長けた有能な市長となった。

Hillebrandus Humbolt de Lemego(1458年Lippe(ノルトライン=ヴェストファーレン州))2
Joh. Humpolt(1497年Stockach付近(バーデン=ヴュルテンベルク州))3
Hans Hümeboldt(1622年Magdeburg(ザクセン=アンハルト州))4
Jochim Hunebolt(1687年Prignitz(ブランデンブルク州))5

①父称姓。古い男子名であるHumbold(9世紀にロルシュ古写本集等に用例あり)6に由来。ゲルマン*χūnaz「膨張、若者」 7+古高独bald「勇ましい、勇敢な、大胆な」8,古ザクセンbald「勇敢な」9を 構成要素とする二要素複合名である。この男子名は、中世低地ドイツ語の私選法律書『ザクセンシュピーゲル』の中で、利己的理由により法を 捻じ曲げようとする貪欲な人物の名称として現われている4

以下に、ファーストネームとしての用例を挙げておく。
Humboldus(882年Alsheim(ラインラント=プファルツ州Alzey-Worms郡))10
Hunpoldus(890年、ヴュルテンベルクのどこか)11
Hunepoldus(965年Ingelheim(ラインラント=プファルツ州))12
Hůmbaldo Romanȩ sedis cardinali presbitero(1145年Nörten(ニーダーザクセン州))13
Hompoldus de Hadelvingen(1190年頃Chiemsee(バイエルン州))14
Homboldus de Keppenbach(1386年Basel(スイス))15

[Gottschald(1982)p.266, Zoder vol.1(1968)p.792, Kohlheim(2000)p.339, Bahlow(2002)p.239, Naumann(2007)p.144, ONC(2002)p.310]

Hermanno dicto Humbolt(1302年Glindfeld(ノルトライン=ヴェストファーレン州))16

②ニックネーム姓。中高独humpolt,humpelt「穀物の計量単位」17,中低独humbolt「粗末な亜麻の一種」 18に由来。後者の語彙は1411年にリューベックで使用例がある。恐らく、①と同語源で、人名からの転用による特殊用法が 起源であろう。
[Zoder vol.1(1968)p.792, Kohlheim(2000)p.339, Naumann(2007)p.144]
1 Gottschald(1982)p.266、Heinrich Freiherr von Massenbach "Ahnentafel der Brüder Wilhelm und Alexander von Humboldt : zum 175. Geburtstage von Wilhelm von Humboldt am 22. Juni 1942."(1942)p.190、Hanno Beck "Alexander von Humboldt: Von der Bildungsreise zur Forschungsreise 1769-1804."(1959)p.4
2 "Lippische Mitteilungen aus Geschichte und Landeskunde. vol.68"(1999)p.71
3 Bahlow(2002)p.239
4 Zoder vol.1(1968)p.792
5 Werner Vogel "Prignitz-Kataster: 1686-1687."(1985)p.368
6 Förstemann(1966)sp.758
7 http://www.koeblergerhard.de/germ/germ_h.html
8 http://www.koeblergerhard.de/ahd/ahd_b.html
9 http://www.koeblergerhard.de/as/as_b.html
10 Andreas Lamey "Codex principis olim Laureshamensis Abbatiae diplomaticus ex aevo maxime carolingico. vol.1"(1768)p.82
11 Academia Scientiarum electa Maximilianea "Monumenta Episcopatus Wirziburgensis. vol.33"(1838)p.73
12 http://www.regesta-imperii.de/regesten/2-2-0-otto-ii/nr/0965-06-23_1_0_2_2_0_20_586.html
13 Karl Friedrich Stumpf "Urkunden zur Geschichte des Erzbisthums Mainz im zwölften Jahrhundert."(1863)p.33
14 Monumenta Boica vol.2 p.349
15 Theodor von Liebenau "Die Schlacht bei Sempach."(1886)p.331
16 "Westfälisches Urkundenbuch: Fortsetzung von Erhards Regesta historiae Westfaliae. vol.11 part.1"(1997)p.80
17 Lexer vol.1(1872)sp.1383
18 Lübben(1888)p.153、"Korrespondenzblatt des Vereins für Niederdeutsche Sprachforschung.vol.1"(1877)p.38

更新履歴:
2015年1月31日  初稿アップ
PIE語根Hu-m-bol-dt: 1.*keuə-²「膨らむ」; 2.*-no- 分詞・形容詞・名詞形成接尾辞; 3.*bhel-²「風が吹く、膨らむ」; 4.*-to- 分詞・形容詞形成接尾辞

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.