Helmhol(t)z ヘルムホルツ(独)
概要
古ザクセンHelmold「兜+統治」という男名の属格形Helmoldesの後半要素が、民間語源により語形変化した形に由来する。
詳細
Otto Helmholdi filius de Endorf(1170年Chiemsee(バイエルン州))1
iohannes helmoldi(1292年Lüneburg(ニーダーザクセン州))2
Henricus Helmoldi(1318年Gandersheim(ニーダーザクセン州))3
Henning Helmoldes sone(1320年Braunschweig(ニーダーザクセン州))4
Grete Helmoldes priorinne(1442年Osterode(ニーダーザクセン州))5
Anna Helmoldis(1465年Halberstadt(ザクセン=アンハルト州))6
Hans Helmoldes(1476年Halberstadt)7
Johann Helmholdi(1477年Ramelsloh(ニーダーザクセン州))8
Heinrich Helmoldes(1491年Göttingen(ニーダーザクセン州))9
Bertold Helmoldes(1500年Göttingen)10

父称姓。Helmholz姓はザクセン=アンハルト州、ニーダーザクセン州南部に多い。Helmholtzは稀姓。古ザクセンHelmold11 という男名の強属格形(属格語尾に-(e)sを採る形)Helmold(e)sに由来する。男名は、古ザクセンhelm「兜」12と古ザクセン waldan「統治する」13又はその名詞形の古ザクセン*wald「権力」14(>中低独walt,wolt「力、権力、 支配」14)の合成語で、「兜+統治」を原義とする。上掲の姓の古形一覧の通り、第二要素の語源が不明になった為に、古 ザクセンhold「愛らしい、慈悲深い、優しい、親しい」15と誤解され入れ替わったものと思われる。更に、属格語尾-esの 接続により生じた語末の-desという音節が、母音の弱化消失によって-dsとなり、逆行同化によりdが無声音化し語末音が[ts]に転じた。この時点で、 第二要素が高地ドイツ語由来の独Holz「木材」と音の上で同形となった為に、要素がHolzに入れ替わりHelmhol(t)zの形に至った。調べてみると、 古い用例がかなり見つかる姓だが、初期の使用例は擬ラテン語属格形での記録が多い(ラテン語の公文書の用例の為)。

ヘルモルド(Helmold)という男名は古くから主にドイツ語圏北部で多く用いられてきた名前である。例えば、ニーダーザクセン州南部の都市 ゴスラル(Goslar)付近の出身の12世紀に活躍した聖職者・年代記編纂者ヘルモルド(1120年頃~1177)がいる。彼は、司教ゲーロルド(Gerold)の 指示でホルシュタイン西部やメクレンブルク、ブランデンブルク、ポンメルンといったスラヴ人の勢力圏内の居住地やキリスト教の布教活動の 年代記を記述したことで知られる(『スラヴ年代記(Chronica Slavorum)』(1167年頃))。又、メクレンブルク=フォアポンメルンのシュヴェーリン (Schwerin)伯爵領の歴代当主の名や、神聖ローマ帝国の領邦の1つザクセン公国の君主ハインリヒ獅子公(Heinrich der Löwe(ハインリヒ3世): 在位1142-1180年)麾下の将軍Helmold von Plesse(1186年没)やその子孫の騎士たちが名乗った名であった。彼等にあやかって、北部で個人名として 広まったのだろう。

尚、ONCに当姓の語源をゲルマン語のhelm「兜」とmund「防御」の合成に由来するとあるのは、次項の独姓Helmundの語源説明を誤入したもので、 誤りである。
[Gottschald(1982)p.246,Kohlheim(2000)p.317f.,Bahlow(2002)p.211,Naumann(2007)p.136]
1 Monumenta Boica vol.3(1764)p.345
2 Adolph Friedrich Riedel "Codex diplomaticus Brandenburgensis: Sammlung der Urkunden, Chroniken und sonstigen Geschichtsquellen für die Geschichte der Mark Brandenburg und ihrer Regenten."(1862)p.100
3 Historischer Verein für Niedersachsen "Zeitschrift des Historischen Vereins für Niedersachsen."(1871)p.50
4 Fleischer(1968)p.98
5 Karl Weinhold, Friedrich Hermann Traugott Vogt "Germanistische Abhandlungen."(1915)p.153
6 Karl Gustav Schmidt "Urkundenbuch der Stadt Halberstadt. vol.2"(1879)p.286
7 Otto zu Stolberg-Wernigerode "Urkundenbuch des in der Grafschaft Wernigerode belegenen Klosters Ilsenburg. part.1"(1875)p.395
8 Dieter Brosius "Urkundenbuch des Stifts Ramelsloh (Lüneburger Urkundenbuch, 12. Abteilung)."(1981)p.105
9 Franziskus Lubecus,Reinhard Vogelsang "Göttinger Annalen: von den Anfängen bis zum Jahr 1588."(1994) p.248
10 G. Kaestner,A. Hasselblatt "Urkunden der Stadt Göttingen aus dem XVI. Jahrhundert."(1881)p.398
11 Förstemann(1966)sp.657
12 Köbler asW H項p.49
13 Köbler asW W項p.7
14 ibid. p.6
15 Köbler asW H項p.89

執筆記録:
2011年11月26日  初稿アップ
PIE語根Hel-m-holt-z: 1.*kel-²「覆う、隠す」; 2.*-mo- 形容詞・名詞形成接尾辞; 3.*wal-「強い」; 4.*-és 属格語尾

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.