Gurévič グレーヴィッチ((露)Гуре́вич、(英式転写)Gurevich)
概要
ヘブライgūr「獣の子、子犬」に由来する古いロシア人男名グーリィ(Gúrij)に由来。
詳細
Iakim Gureev (Иаким Гуреев)(1434年ノヴゴロド)1
Fedor Gur'ev syn (Федор Гурьев сын)(1571年)1
Pavlom Gur'evym (Павлом Гурьевым)(1592年リャザ二州)1
Ivan Gur'ev syn Polivanov (Иван Гурьев сын Поливанов)(1605年リャザ二州)1

父称姓。正教会から正式に認められていた古いロシア人男名グーリィ(Gúrij((露)Гу́рий))4に由来する。この名前はヘブライ gūr(גּוּר)「獣の子、子犬」5に由来し、19世紀まではロシアで多用されていた。この名前を持つ聖人が幾人か正教会におり、教会暦に登録 されている。先ずロシアで最も有名な人物としては、16世紀に苦行や宣教活動で有名になった初代カザン大司教のグリユ(Guriju(露 Гурию(アクセント確認できず))がいる。彼の祝日はどういう訳か三日あり、7月3日(古くは7月20日)、10月17日(ロシア正教会が採用 しているユリウス暦(旧暦)では同月4日)、12月18日(同5日)である。他に、結婚生活や幸福な家庭の守護聖人としてギリシア正教徒の間で 敬われたエデッサ出身の聖グーリィ(Gúrij)がいる(祝日は11月28日)。モスクワのイキマンカ(Якима́нка)地区6のバビェガロード横町(露 Бабьегоро́дский переу́лок )にあるイオアン・ヴォイン教会(露Це́рковь Свято́го Иоа́нна Во́ина)の聖堂に彼の聖宝座(pridél(露приде́л))が存在する。聖書を出典としている名前のようだが、詳しいことは不明。

ソ連の航空技師ミハイール・ヨーシファヴィチ・グレーヴィッチ(Михаи́л Ио́сифович Гуре́вич)は1893年1月12日 、現在のロシア西部クールスク州の町スージャ(Súdža((露)Су́джа))の西近郊にある小村ルバンシチナ(Рубанщина( アクセント位置未確認))で生まれた。ユダヤ人である7。父親は機械工、ブランデー製造業者であった 8

所で、うろ覚えなのだが、NHKスペシャル『映像の二十世紀』だったか、何かの歴史番組でイスラエルの政治家ベン・グリオン(David Ben-Gurion)のグリオンの意味を 「ライオン」と言っていた記憶がある。もしこれが正しいならば、グレーヴィチッ姓とベン・グリオン姓は語源上関係が有る事になる。
[Ganzhina(2001)p.146-147,Vedina(2008)p.127,vimeni.ru]
◆ヘブライgūr「獣の子、子犬」←セム*gVr-「獣の子、子犬」(Vは母音)(フェニキアgr「ライオンの子」,アラムgr「獣の子」(>シリアgurya「子犬、 小型犬」),アラビアǯarw-,ǯirw-,ǯurw-「子犬、肉食性の獣の子」,ハルスシ(オマーンの一地方で話されるアラビア語の方言)yéru「子犬」, アッカドgirru「ライオン」)9
1 http://heraldry.sca.org/paul/g.html
2 Cerkov vol.4(2005)p.308
3 Cerkov vol.2(2005)p.120
4 研究社露和辞典p.2729、http://ru.wikipedia.org/wiki/Гурий
5 http://www.milon.co.il/general/general.php?term=%D7%92%D6%BC%D7%95%D6%BC%D7%A8+
6 この地名は、日本語で「ヤキマンコ」という誤った音転写で、珍地名として人口に膾炙している。
7 Morgenstern(2009)p.312
8 http://de.wikipedia.org/wiki/Michail_Iossifowitsch_Gurewitsch
9 http://starling.rinet.ru/cgi-bin/query.cgi?root=config&morpho=0&basename=\data\semham\semet

執筆記録:
2011年7月20日  初稿アップ
PIE語根Gur-év-ič: 1.セム語根*gVr-「獣の子、子犬」; 2.*-wo- 形容詞形成接尾辞; 3.*-ko- 形容詞・名詞形成接尾辞

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.