†von Grimmelshausen グリンメルスハウゼン(独)
概要
「Grimold(人名:古高独*grim「兜」+古高独walt「権力、支配」)の居住地」が原義のテューリンゲン州の地名Grimmelshausenより。
詳細
Bertoldus de Grimoldeshusen ... Henricus de Grimoldeshusen(1214年Henneberg(テューリンゲン州))1
Helimboldus de Grimoldichauʃen |sic|(1220年)2
Theodericus de Grymmelshusen de Sula(1501年Eisenach(テューリンゲン州))3

地名姓。廃用。ドイツの作家ハンス・ヤーコプ・クリストフェル・フォン・グリメルスハウゼン(グリンメルスハウゼン)(Hans Jakob Christoffel von Grimmelshausen: 1622年頃Gelnhausen(ヘッセン州)~1676.8.17 Renchen(バーデン=ヴュルテンベルク州))の姓。彼はドイツ中部テューリンゲン州ヒルトブルクハウゼン (Hildburghausen)郡グリメルスハウゼン(Grimmelshausen)村出自の貴族の家柄で、姓もこの地名に由来す。作家自身の代までには既に家は没落しており、 桶屋やパン職人の技術を取得して生計を立てていた。作家の祖父はパン職人・ブドウ栽培農家を生業としていた4。また、独Wikipediaに よれば、この祖父は1592年に貴族の称号を捨てたとある。

グリメルスハウゼン村の名の古形は以下の通り。
Grimoldeshusen(1177年)5, 6
Grimoltishusin(1181年)5, 6
Grimoldshusen(1214年)5
Grymolthusen(1327年)5
Grimelshußen(1338年)7, 8
Grymoldshusen(1345年)5

原義は「Grimold(人名)の居住地」。人名Grimoldの強属格形Grimoldesと、古高独hūs「家」の複数与格より構成される。人名Grimold9は 古高独*grim「仮面、兜」10+古高独walt「権力、支配」11より形成される二要素複合名。 cf.グリム(Grimm)
[Gottschald(1982)p.221]
1 Karl Schöppach "Hennebergisches Urkundenbuch. vol.1"(1842)p.18
2 Johann Adolph Schultes "Diplomatische Geschichte des Gräflichen Hauses Henneberg. vol.1"(1788)p.87
3 Hermann Johann Christian Weissenborn,Adalbert Hortzschansky "Acten der Erfurter Universitaet. vol.2"(1884)p.219
4 Jürgen Böhmer "Sie leben fort in ihren Werken: Lebensbilder grosser Deutscher."(1963)p.104
5 Georg Jacob "Die Ortnamen des herzogthums Meiningen."(1894)p.51
6 Förstemann(1983)p.1103
7 Paul Lehfeldt, Georg Voss "Grossherzogthum Sachsen-Weimar-Eisenach: Amtsgerichtsbezirke Grossrudestedt und Vieselbach."(1904)p.185
8 脚注2の文献p.305
9 Förstemann(1966)sp.550
10 http://www.koeblergerhard.de/ahd/ahd_g.html
11 http://www.koeblergerhard.de/ahd/ahd_w.html

執筆記録:
2014年1月28日  初稿アップ
PIE語根Grimm-el-s-haus-e-n: 1.*ghrem-「怒った」; 2.*wal-「強い」; 3.*-es 属格語尾; 4.*keu-「覆う」; 5.*-o- o語幹形成母音;6.*-m 向格語尾

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.