Dunant デュナン(仏)
概要
仏≪スイス・サヴォワ・ジュネーヴ方言≫nant「沢、小川、滝、森林渓谷」に由来し、その様な地の近くの住人を指す。
詳細
Berthetus filius Iohannis dicti dou Nant(1274年Aubonne(スイス、ヴォー州))1
Vullielmi quondam dou nant/stephanus dou nant(1293年Chamonix(仏オート=サヴォワ県))2
Anthonius dou Nant(1494年スイスの何処か)3
Petrus du Nant, dictus Forneir(1516年Châtel-sur-Montsalvens(スイス、フリブール州))4
Richardus dou Nant(1530年頃Lausanne(スイス、ヴォー州))5
Stephanum de Nanto(1531年スイス、ベルン州)6
Claudius du Nant, dictus Brula(1533年Besançon(仏、ドゥー県))7
Peroneta relicta Francisci de Nanto(1534年Genève)8
Teveninus de Nanto(1535年Genève)9
Johannes du Nant(1535年Genève)10
Carolus Alexander Dunant(1744年Genève)11

居住地姓。上掲の古姓一覧の如く、古くからスイスはレマン湖周辺地域に根付いている姓で、現在もジュネーヴ市とその周辺に多い。フランスでは、 リオン湾に面するブーシュ・デュ・ローヌ県、ロレーヌのモーゼル県、スイスに近いイゼール県等に比較的多い。異綴のDunand姓もジュネーヴに多く、 その他のレマン湖湖畔地域にも見られる。仏≪スイス・サヴォワ方言≫nant「沢、小川」12,≪ジュネーヴ方言≫「小川が 流れる奥地の森林渓谷(un ravin boisé au fond duquel coule un petit ruisseau)」12,「アルプス山地にある急流・滝 (cacade ou torrent dans les Alpes)」13に、フランス語の前置詞de「~から」と定冠詞leの縮約形duが膠着したもので、 「沢・小川・滝・森林渓谷近くの住人」を意味する姓。この単語はケルト系の大陸ケルト(ゴール)nanto「谷」14(cf.大陸 ケルトtrinanto「三谷」14)に由来している。赤十字社の創設者アンリ・デュナンもジュネーヴの出身。
[Morlet(1997)p.360,Tosti(1997~)d11項,ONC(2002)p.184]
◆大陸ケルトnanto「谷」←ケルト*nanto-(o語幹名詞)「谷」(ウェールズnant「谷、沢、小川」,古コーンウォールnant「谷」(>コーンウォールnans), (古)ブルトンnant「谷、峡谷、運河、穴、谷線(コクセン)」)←PIE*n-tó-(ゼロ階梯+完了分詞語尾)(サンスクリット natá-「曲がった」)←*nem-「曲げる」(ギnémos「牧草地」,ラnemus(語幹nemor-(元s語幹中性名詞))「森、聖林」,古アイルランドnemed「聖所」,古ザクセン nimid「杜、聖林」,サンスクリットnámati≪サン・単・現≫「曲がる、曲げる」,アヴェスタnǝmah-「お辞儀、忠誠を示すこと」)15。 英語語源辞典にも載っていないマイナーな語根だが(現代英語の一般的な単語に後進語が無い為)、極めて広い対応を持つ。祖語の成節(音節核に 成り得る)のは、環境によってケルト*-am-に変化するのは正則的。後続子音-t-による逆行同化によって *nant-o-となった。
1 Louis de Charrière "Les dynastes d'Aubonne."(1870)p.323
2 Société d'Histoire et d'archéologie de Genève "Mémoires et documents. vol.13"(1863)p.232-233
3 Louis de Charrière,David Martignier,Aymon de Crousaz "Répertoire des familles vaudoises qualifiées de l'an 1000 a l'an 1800."(1883)p.162
4 Jean-Joseph Hisely,Jean Gremaud "Monuments de l'histoire du Comté de Gruyère et d'autres fiefs de la maison souveraine de ce nom. vol.2"(1869)p.219
5 Ernest Chavannes "Mélanges: Histoire monétaire de Lausanne, 1273-1354. Extraits des manuaux du conseil de Lausanne (1512-1536)."(1882)p.49
6 Société d'histoire & d'archéologie de Genève "Registres du Conseil de Genève. vol.7(1531-1534)"(1936)p.50
7 ibid. p.360
8 Société d'histoire & d'archéologie de Genève "Registres du Conseil de Genève. vol.8(1534-1536)"(1940)p.20
9 ibid. p.158
10 ibid. p.382
11 Suzanne Stelling-Michaud "Le Livre du Recteur de l'Académie de Genève (1559-1878)."(1980)p.291
12 http://henrysuter.ch/glossaires/patoisN0.html#nant
13 Charles Albert Williams "Die französischen ortsnamen keltischer abkunft."(1891)p.67
14 Pokorny(1959)p.764
15 http://www.cnrtl.fr/etymologie/nant、Pokorny(1959)p.764、Buck(1949)p.43

執筆記録:
2011年12月25日  初稿アップ
PIE語根D-u-nan-t: 1.*de-, *do- 指示詞形成要素、前置詞・副詞語幹; 2.*al-¹「~を越えた向こう側に」; 3.*nem-²「曲げる」; 4.*-to- 形容詞・名詞形成接尾辞

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.