戻る/ はじめに/ 苗字苑本館/ ハリポタ語源辞典/ 銀英伝語源辞典/ 付録/ リンク集
苗字リストに戻る
Benson ベンソン
概要
①男名ベネディクトの短縮名に-son「息子」がついた姓。
②「*Benesa、*Banesa(いずれも人名)一族の所有地」を意味する地名より。
詳細
John Benneson(1326年Yorkshire)1Alan Benson(1332年Cumberland)1

①父称姓。男名ベネディクト(Benedict)の愛称形の一つであり13世紀に用いられていた男名Benne2に、 中英sone「息子」が付いて生じた姓。
[Reaney(1995)p.40,ONC(2002)p.60]


Peter de Bensinton(1208年Oxfordshire)3Henry de Benson(1269年Oxfordshire)3

②地名姓。英国南東部オックスフォードシャー州、サウス・オックスフォードシャー州自治区 ベンソン(Benson)行政教区にある同名の地名より。この地名はベンシントン(Bensington)とも呼ばれており、 こちらはより古風な綴り。
(from) Bynsincgtune/(in) Beonsincgtune(887年(11世紀写本))5
Bænesingtun(900年頃)4
Benningtun(1020年頃)5
Benesingtun(1075年頃)5
Besentone/Besintona(1086年DB)5
Bensintona(1140年)5
Besenton'(1159年)5
Besinthon'(1199年)5
Bensington'/Bensingtone/Bensyngton(e)/Bensingeton(1316年)5
Benesyngdone(1366年)5

字義は「*Benesa、*Banesa(いずれも人名)一族の所有地」4, 5。人名はいずれも記録に無いが、EPNSによれば 男名Bana6からの派生としている(語尾-esaの由来は不詳)。男名Banaは古英bana「殺人者、死」の個人名への転用である。 英bane「禍(ワザワイ)」はその後裔。 [Reaney(1995)p.40,ONC(2002)p.60]

◆古英bana,bona←ゲルマン*banōn(n語幹男性名詞)「死、殺人、殺人者」(古ザクセンbano「殺人(者)」,古高独bano 「殺人者、殺人、屠殺業者、死刑執行人」,古ノルドbani「殺人、死、廷吏」)←PIE*gwhon-(О階梯)(ゴートbanja「打撃、傷」) ←*gwhen-「殴る、殺す」7。嘗てはPIE*bhen-「殴る」を 想定し、ゲルマン*banōnをその語根に帰結させていた。
1 Reaney(1995)p.40
2 Reaney(1995)p.39
3 Reaney(1995)p.40
4 ONC(2002)p.942
5 EPNS vol.23(1945)p.116
6 Searle(1969)p.80
7 英語語源辞典p.97、Watkins(2000)p.35、Pokorny(1959)p.126,p.491、 Köbler idg.W. Bh項p.31
執筆記録:
2010年11月22日  初稿アップ
PIE語根:①Ben-son:1.*deu-2「行う、良く見せる」; 2. *seuə-1「産む」:②Bens-on:1.*gwhen-「殴る、殺す」; 2. *dheuə-「閉じる、一回りする」

戻る

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.