戻る/ はじめに/ 苗字苑本館/ ハリポタ語源辞典/ 銀英伝語源辞典/ 付録/ リンク集
苗字リストに戻る
Ackerley アッカリー
概要
居住地姓。「耕地や開墾地近くの住人」を表す姓と思われる。
詳細
Johane Akerley(1588年London)1William Akerly(1687年Norwich)1Peter Ackerley(1677年London)1

居住地姓。チェシャー(Cheshire)州に集住。現在はカンブリア州カーライル(Carlisle)にも多い姓だが、 チェシャー州からの移住者によって広まったと思われる。上掲以前の姓の古い記録が無く、語源が明らかでない。 第二要素は中英ley「開墾地、畑」(PIE*leuk-「光」のО階梯に由来し、原義は「日向」2) なのは確かだが、第一要素の語源に関しては二つの解釈に分かれている。 ハリソンは中英aker「耕地」(>英acre)由来説を採り、耕地や開墾地近くの住人を指した姓と見ている。 surnamedb.comではバークシャー州のAkeley、ノーフォーク州のAcle両地名に由来すると見ている1。 両地名の綴りの変遷は以下の通り。

●エイクリィ(Akeley)(英国南東部/バークシャー(Berkshire)州)詳細不明
Akiliea |ママ|(1086年:DB)3
Akelay(1175年)3

●エイクル(Acle)(英国東部/ノーフォーク(Norfolk)州/ブロードランド(Broadland)州自治区/エイクル行政教区)
Acle(1086年:DB)4
Achelai(1159年)4
Achelay(1190~92年)4
Aclee(1197年)4
Akele(1228~1253年)4
Aclaia/Acleya(1306年)4

他にも以下の地名と関係付けることも出来るかもしれない。
●エイクリィ(Akeley)(英国南東部/バッキンガムシャー州/エイルズバリ・ヴェイル(Aylesbury Vale)州自治区/エイクリィ行政教区)
Achelei(1086年:DB)5

上掲3地名いずれも、古英āc「オーク樫」(>英oak)+古英lēa(h)「草地、耕地」よりなる。 ノーフォークのAcleに由来する姓の古い記録としては、 William de Acle(1340年)6 がある。
私見では、やはりハリソンの説が正しいのではないかと思う。上掲の地名が起源だとすると、 Ackerley姓の-er-の部分の由来の説明が困難である。Ackerley姓の更に古い確実な記録が 見つからない限り、確実な論証は難しい。尚、ノースヨークシャー州のクレイヴン(Craven)付近にある アッカリィ・ムーア(Ackerley Moor)という池の名の初出はAcklow Moor(1854年)7で、 当姓とは無関係。 [Harrison(1912-1918)p.2,surnamedb.com]

1 http://www.surnamedb.com
2 Watkins(2000)p.49
3 http://www.surnamedb.com 初出形は正しくは*Akileiaと思われる。
4 Chambers etc.(1937)p.52
5 EPNS vol.2(1925)p.40
6 Francis Blomefield,Charles Parkin:An essay towards a topographical history of the county of Norfolk(1810)p.93
7 EPNS vol.35(1961)p.126

執筆記録:
2010年11月22日  初稿アップ
PIE語根:Acker-ley:1.*agro-「野原」;2. *leuk-「光、明るさ」

戻る

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.