戻る/ はじめに/ 苗字苑本館/ ハリポタ語源辞典/ 銀英伝語源辞典/ 付録/ リンク集
苗字リストに戻る
Eisenach アイゼナッハ
概要
「鉄川」を意味する同名のテューリンゲン州の都市名に由来する姓。或いは語源不明のトリーア付近の同名の町の名に因む。
詳細
Andreas Yzenach(1369年Liegnitz) 1

地名姓。同名の以下の地名より。
1.ドイツ中部テューリンゲン州の都市(55Lb43)。大音楽家J.S.バッハの生誕地として有名。
地名初出Ysenache(1129年)2, 3。 後、Isenaha(1144年)4Isinacha(1150年)2, 3Hisenacghe(1214年)4Ysenache(1218年)4Ysenac(1226年)4Isenache(1292年)5Isenacum(1311年)4Eyssenach(1520年)6
2.ドイツ西部ラインラント=プファルツ州、トリーア(Trier)の北西15㎞にある地名(74Gd49)。
地名初出de villa HisnancaIssenachaIssenach(いずれも762年)7
エヒターナッハ(Echternach)修道院の寄進文書(Schenkungsurkunde)の記録に見える。
後、Hissenacha(835年:1222年写本)7Isinacha(844年: 1103年写本)7Isenach(1168年)8
語源は二つ考えられる。
一つ目。両地名とも「鉄川、金錆の浮く川」の意で、付近の河川の本流に酸化鉄が含まれていたことからか (古高独īsa(r)n「鉄」+古高独aha「川、水」)。特に前者のEisenachに関しては、パッツェ(Patze)によると、 この地で古く鉄の産出があったからと解釈するが、その様な考古学的証拠は見付かっていない。 二つ目。ベルガー(Berger)とヴァルター(Walther)によれば、前者テューリンゲンのEisenachaは、後者のラインラントのEisenachの地名を古い時期に転用したと推測している(各地名の初出年代から可能性として十分有り得る)。後者のEisenachは、恐らく元はゴール(大陸ケルト)語起源の地名語尾-ācumに基づく地名で(cf.ジンツァー(Sintzer)、ミンツ(Minz)③)、前半要素はこの集落の初代の統治者の個人名に由来している。その個人名はIsinius(ゴール人の男名Isinaのラテン語形)であるかもしれない(管理人説)。もしそうだとしたら、フランスはカルヴァドス(Calvados)県にある地名イズィニ(Isigny)と全く同じ語源を持つことになり、Isignyの名に因む英国姓Disneyと同語源という事になる(つまり、ミッキーマウスで有名なディズニーとアイゼナッハは同語源という事。)。後に-ācum語尾が古高独aha「川」と解釈されドイツ語化したものと考えられる。尚、初出形の一つHisnancaの綴りは問題がある。恐らくラテン語に模した語形で、本来の語源的綴りではない(管理人註)。 [Gottschald(1982)p.170,Bahlow(2002)p.99,Kohlheim(2000)p.214] 
◆古高独īsa(r)n(>中高独īsen>独Eisen)←ゲルマン*īsarnam(英iron,オランダijzer,古ザクセンīsarn,古ノルド ísarn,ゴートeisarn)←?ケルト*īsarno-原義「聖なる金属」(ゴールYsarno-,Iserno-地名,ウェールズhaearn,hayarn, アイルiarann,ゲールiarunn)←PIE*is-(ə)ro- 「強い、聖なる」(ゼロ階梯に接尾辞が付いた形)←*eis-「激しく心を動かす」 。イリュリア語(Illyrian)又はヴェネト語(Venetic)からケルト語経由でゲルマン語に入ったとする説が有力 9
◆古高独aha「川、水」(>中高独ahe>独Ache)←ゲルマン*aχwō(古英ēa,古ノルドá,ゴートahwa)←PIE *akw-ā-「水」(ラaqua,露Oka河川名)。日本語の仏教用語の閼伽(アカ)「仏に供える水」 (<サンスクリットargha「価値(あるもの)」)をPIE*akw-ā-に由来するラaqua「水」と同語源とするのは誤り。 arghaはPIE*algwh-「~の価値がある」(インド=イラン語派はl/rの混同が見られる語派である)に 由来しており、阿羅漢(サンスクリットarhat:原義「(供養するだけの)価値があるもの」)もこの語根に遡る。 閼伽=aqua同語源説は、日本国内だけに流布している有名なトンでも説なので 一言付け加えておく(かく言う管理人も中学生時代はこの説を信じて、語源の世界の奥深さに感動していたものだった!!!)。

1 Bahlow(2002)p.99
2 Beate Lex "Ortsnamen der 'Thüringischen Landeschronik'"(2001)p.37
3 Astrid van Nahl,Lennart Elmevik,Stefan Brink "Namenwelten: Orts- und Personennamen in historischer Sicht"(2004)p.206
4 Sachsen-Weimar-Eisenach "Staatshandbuch für das Großherzogtum Sachsen"(1900)p.174
5 Volker Schimpff "Die Heden-Orte in Thüringen"(2004)p.27
6 Karl Eduard Foerstemann "Neues Urkundenbuch Zur Geschichte Der Evangelischen Kirchen-Reformation"(1842)p.3
7 http://www.wulfila.be
8 www.pointoo.de/Reisefuehrer/Eisenach.html
9 英語語源辞典p.788、Watkins(2000)p.48、Pokorny(1959)p.675、Buck(1949)p.15ff.

執筆記録:
2010年11月22日  初稿アップ
PIE語根:Eisen-ach:1.*eis-「激しく心を動かす」;2.*akw-ā-「水」

戻る

Copyright(C)2010~ Malpicos, All rights reserved.